• 患者さんの声
  • 院長日誌
  • 当院からのお知らせ
  • DIY健康講座
菅谷バランス治療院 菅谷バランス治療院
住所
〒156-0054
東京都世田谷区桜丘2-19-12
診療時間
月・水・土
7:00~11:00
14:30~18:30
火・金
7:00~11:00
14:30~20:30
休診日
木曜日 / 日曜日
予約優先 03-3429-8837お問い合わせ24時間ネット予約空き状況を今すぐ確認!

HOME > お悩み別症状例 > 顎関節の痛み・あごの痛みについて

お悩み別症状例

一覧へ戻る  |  皆さんの質問にお答えします。 >

顎関節の痛み・あごの痛みについて

「顎が痛い」「口が開かない」「カクカク音がする」
それは顎関節症かもしれません。
顎関節イメージ特に
「口が開かない」
「顎関節に痛みがある」
これは歯科医院より手技治療の方が数段早くきれいに治るのです。
「頭痛がなくなりました」
「顎の痛みがなくなりました」
「硬いものが食べられるようになりました」
「音がしなくなりました」
「ハンバーガーを食べることができました!!」

ハンバーガーを食べるのが怖くなったら、、、それは顎の疾患かもしれません。(笑)

実際、顎関節症になると痛みから、笑ったり、話をしたり、食べたり、歌ったりすることができなくなります。
歯科医院に行くと投薬とマウスピースを指導されます。
しかし、数か月通って改善するくらい。
当院では、顎関節の調整をすることで顎の開口障害(口を大きく開けられない)なら即日改善してしまいます。
口が開かない原因は大きく2つ。
一つは顎を支える頸椎の変形と首にある筋肉の異常です。
もう一つは顎関節自体の左右のズレ。

この二つを調整すると大半の開口障害は改善されます。
まず即日で快適に食事ができるようになります。(強い炎症がある場合は数日)
ズレた状態でたくさん動かしているとガリガリと関節の炎症が起こり慢性化します。
慢性化が進めば顔の変位が起こり歪んだ顔となり、最後は顎の骨の厚みまで左右で違ってくるようになります。


顎関節症の原因は、かみ合わせと言われていますが、それだけではなく、首の関節のズレも大きな原因であり、だから顎関節症を起こす方に頭痛や肩こりの併発が多くみられるのです。
当院では、頸椎の矯正と顎関節自体の調整を手技で行います。
痛いことは一切ありません。
さらに顎調整によって、顔の歪み改善、小顔効果、頭痛肩こりの解消効果まで有します。
ぜひお困りの方は一度体験してみてください。
最近、テレビを見ていても、芸能人でもかなり歪みの大きな方がいますが、その多くは治療にて解消できるものと思われます。


ただ一つだけすぐに治らないものがあります。

それは痛みのない顎の「ガクガク音」です。
顎を大きく動かすたびに「ガクガク」音がするというもの。

その原因は顎にある関節円板というクッション役の組織があるのですが、それが慢性化により摩耗することによってうまく機能しなくなっている場合です。

自転車で例えて言うと、ゴムでできたブレーキパットが擦り減ってしまい、ブレーキがキーキー鳴ったり金属部分でタイヤと摩擦しているような感じです。
(このような状態でたくさん顎関節に負荷をかければ・・)
この場合、治すのに数か月の時間が必要になります。

また、心因性のストレスによってこのカクカク音を過敏に気にしすぎている人も多くみられます。(気にならない程度のカクカク音や違和感は正常)
一度摩耗した関節円板が復元することはありませんが、顎関節を調整し、日常の負荷を減らしていくと音や違和感が半分以下になります。

あくまで、首、顎の位置関係を正常化させることで、痛みや障害を取り除くことがこの治療の効果となります。
この治療によって数年来の痛みが解消したと多くの喜びの声も頂いております。
既に多くの臨床体験があり、最初からできないことは「できない」と言いますので安心して治療に来てください。


この顎関節の治療により、小顔効果、頭痛・肩こりの解消も同時に行なわれます。

どうか快適な生活ができるように、ハンバーガーが食べられる生活ができるように、皆様に提供していきたいと思っております。

あなたの顎(がく)関節の自己チェック法

(合計点数が8.6以上では顎関節症の危険あり,杉崎正志、他:2007)

  1. 口を大きく開いたとき,人差し指から薬指を並べた3本指を縦にして入りますか?
    (1.すっと入る 2.ほぼ問題ない 3.どちらともいえない 4.やや困難 5.全く入らない)

  2. 口を大きく開け閉めした時,あごの痛みがありますか?(1.全くない 2.たまにある 3.どちらともいえない 4.しばしばある 5.いつもある)

  3. 口を大きく開いたとき,まっすぐに開きますか?(1.いつもまっすぐ 2.たまに曲がる 3.どちらともいえない 4.しばしば曲がる 5.いつも曲がる)

  4. 干し肉,するめ,タコなど硬いものを食べるとあごや顔が痛みますか?(1.痛まない 2.たまに痛む 3.どちらともいえない 4.しばしば痛む 5.いつも痛む)

日本顎関節学会サイトページ参照 http://kokuhoken.net/jstmj/




お客様の声

・1回目の治療後、いつも少し張っていた顎のラインが内側に入り込んでほっそりとし、口を開閉する際にいつもより顎の動きがスムーズになったのですが、慣れてないせいで顎の筋肉が疲れてしまいました。2日目以降はスムーズな動きに慣れてすっかり良くなりました。
マッサージをして頂いた後は肌もやわらかく、明るくなります。マッサージの方法は皮膚と筋肉を顔の骨に密着させるように指でやさしく押しながら上に引き上げていきます。自分でも出来るマッサージ方法を教えて頂いたので是非挑戦してみたいと思います。

・3回目は顔がさらに小さくなったのが鏡でもハッキリと分かりました。マッサージをして頂いている間、顔の筋肉が前回以上にはまっていく感覚を受けました。肌はさらにもっちり、血色も良くなりました。

・4回目の治療を終えて確実に顔の線が細くなったこと、左右のバランスが良くなったこと、顎の動きがよくなったことを実感しております。 毎回とても丁寧に施術して下さり、リラックスして受ける事ができました。本当に感謝しております。ありがとうございました!


一覧へ戻る  |  皆さんの質問にお答えします。 >

このページのトップへ